感情という名の、あふれる文字たち つづき

umatohitsuji24.hatenablog.com

 

この記事から一カ月ぐらいたってしまった。。。需要あるのかと思いつつ(たぶんない)、じぶんのものでも人様のものでも人間の歴史というのはおもしろいので、ここに残していく。

↑は主にセクシュアリティの話だったけど、わたしは高校生まであんまりそういうことを自覚できたことはなかった。いつもいっしょにいる女の子の友達にドキドキしたり、彼氏との話をムズムズして(嫌悪感とか恥ずかしさとかで)聞けなくなったりしていたので、なんとなく『他の女の子たちと何かがちがう』『ずれている』ということは薄々感じていた。

 

f:id:umatohitsuji24:20170626182640j:plain

 

ちなみに最近は下ネタとかセックス関連とか性の話はめっきりダメになった。ダメすぎて前の職場でいじ(め)られたこともあるけどダメなものはダメなのだ…それがまだ美しい(身なりを小奇麗にしている)外見の方ならいい、けれど生活感あふれる方からセックスの話を根掘り葉掘り聞いたところで、やはり生活感あふれた性生活しか想像できないのでどうかやめて頂きたい。

愚痴になっていしまいました。こういうことを書きつつ、『じぶんって潔癖だなあ』と感じます。これからの課題はスルースキルを身に着けることです。w

さて、↑の『他の女の子たちと何かがちがう』『ずれている』という感覚は、どうやらわたしの劣等感や人間関係のすべての核・大元の原因になっているようです。

 

中・高校生のころ、勉強で姉に勝てないことを悟ったわたしは、わざと授業はぜんぶ居眠りして、勉強せず、万年ビリのような順位を取っていました。どれくらい居眠りしてたかっていうと、移動教室のとき気づいたらだれもいなかったとかそういうレベルです。笑ってくれ。

『勉強ってくだらないな、おもしろくないな』という考えもあったけど、真剣に勝負して負けることが怖かったんだと思う。あ、でも、倫理と世界史だけは成績良かった。どちらも興味があったから、覚えられた。

そして、『わたしはお姉ちゃんとはちがうんだ、負けてなんかいないんだ』ということ、唯一得意だった絵を描くことや小説を書くことに全力を尽くすようになった。サイト開いたり毎日絵描いたり、とにかく描いてた。

わたしは芸術的センスがあるから勉強なんてしないのさ!と思ったし、ここらへんから社会全体をバカにするようになった。お姉ちゃんは模範的な社会人に見えていたから、良い成績や大学進学やサラリーマンの人たちなんかクソ食らえ!と思っていた。

でもちがうんだ。バカにしたかったわけじゃなくて、じぶんが消えそうで怖かった。わたしもお受験組で通っているのは中高一貫のお嬢様校だったし、そのときの世界には勉強か部活か友達か絵と小説だけだったから、しょせん勉強から逃げられないのは知っていた。知っていたからこそ反抗していた。

結局そのあと、成績の悪いわたしを案じた母親に、塾通いをさせられるはめになる。私立なのに。笑

そしてこのへんからリストカットをするようになります。さあいよいよ暗さマックスです。

わたしの場合、死にたくて切っていたわけではなくて、ただお母さんに『こんなにつらいんだからわかってよ』と言いたかっただけだったんですね。だから気づいてるけどそれを口にせず、ただやさしくしてくれれば計画成功なわけです。

心の叫びといえば心の叫びだけど、今考えるときちんと言葉でコミュニケーションがとれればよかったなと思います。まあそれだけ母親がこわかったんですね。つねに『怒られる』とビクビクしてました。けっきょく、一年…?ぐらい経ったとき、学校から帰ると急に『手首見せて』と言われました。終わったと思いました。w

『死にたいの?そんなに実家が嫌なら出て施設に行きなさい』と言われ、わたしは茫然。えっ、まさかそんな方向に思考が行く?「ごめんね」はないの?

まさにこれです。衝撃過ぎて今でも覚えています。

でもそのあと、泣いて謝られて、わたしはさらなる衝撃を受けます。

とんでもねえことやっちまったな…

です。そのあとはお葬式状態です。親を泣かせてしまった…親不孝…あの強気な母を泣かせてしまった衝撃といったら、2トントラックではねられたみたいなものでした。

 ここらへんから、だんだんと今のじぶんのセルフイメージである『ずれてる』から『いつのまにか嫌われる』→『居場所がなくなる』から『人を喜ばせないといけない』『なにか価値のあることができないといけない』。が出来上がったと思います。

f:id:umatohitsuji24:20170628151811j:plain

これ、書きながら泣きそうですねw現在進行形です。わたしは『ずれてる』からどのグループにも属せないし心を許す人もいないし、友達もそんなにいないです。今後の課題はこれとどう向き合っていくかですね。課題がふたつ出てきました。①スルースキルを身に着けること②『じぶんはずれている』という孤独な感覚とどう向き合っていくかということ

まあ、結局は愛されたいだけなんですよね(大の字)大人になると羞恥心やらプライドばっかり育っちゃって、すなおに言えなくなります。愛されたいです(二回目!)

 

つづく。